卒業式にはあこがれの袴!レンタルしよう

卒業式にはレンタルでも袴が良い

卒業式に着る袴をレンタルするには

この頃は何でもレンタルする時代になりましたね、今回はレンタルの需要が高い商品の、袴について紹介します。

この袴は主に女性は大学や専門学校の卒業式の時にレンタルされることが多く、男性は成人式にレンタルすることが多いようです。

女性が卒業式に着る物は紫や、小豆色のものが多いのですが、これは「海老茶色」

と言い、昔は高貴な位を表した色だったそうです。

形はスカート型になっていてお手洗いも気軽に行けるようになっています。

今は購入するのも簡単で、呉服屋さんで買う他にも、カタログ通販やネット通販でも身長を伝えるだけで買えるようになりました。

私は美容専門学校だったので卒業式は制服で出席しましたので袴は着ませんでしたが、姉が専門学校の卒業式に袴を着ていました。

でもこの時お母さんとおばあちゃんが、衣装代をめぐり嫁姑のバトルを繰り広げていたのを覚えています。

そのバトルも、「お金は私が出す!」

の言い合いなので、幸せなほうのバトルでした。

姉は間に挟まれて、苦労していましたが(笑)。

着物や衣装をレンタルすると本当に楽ですよね、お手入れの手間が省けるのと、収納場所に困らない、そして常に流行の物が着れる、ずぼらな私には必要不可欠です。

結婚式に着る衣装や、着物は通年いつレンタル店に行っても置いてますが、成人式の時に着る振袖や、七五三で着る着物、卒業式などで着る袴をレンタルする場合はいつでもお店に衣装は置いてるのでしょうか?

大手の貸衣装店なら、ビルになっていて結婚式、成人式、七五三、など階下に分かれているところもあるでしょうが、今ではそんな大手の貸衣装の店もあまりないですよね。

ほとんどのお店は店頭に出す時期は決めてあるようです。

成人式は1年前の1月から3月に着物の予約(成約)を済ませて、5月までに写真の前撮りをするそうです。

成人式はその日にお店に行って着せてもらって、成人式に出席するだけだそうです。

成人式の後にある卒業式、この卒業式の袴の予約は10月から11月頃がいいそうです。

詳しい時期についてはこちらになります。

卒業式に着る袴をレンタル予約する

Comments are closed.